虹の彼方に

主にIT,ネットワーク,プログラミング,アニメ,ガンダムが構成要素

今PS4のロボゲーが熱い

 ボーダーブレイクというゲームをご存知だろうか。それはゲームセンターに存在し、仲間の内では、金のかかるロボットゲーと言われていた。このゲームはGP制という、投入した金額で遊べる時間が決まる仕組みで、「俺の財布がボーターブレイクしたぜ」という格言が生まれるほどのめり込んでいる友人もいた。私もその一人だ。

そのゲームが満を持して8月2日に、PS4でサービスを開始したのである。しかも無料なのだ。やるしかない。


PS4版『BORDER BREAK』プロモーションムービー

  ボーダーブレイクの数週間前、私はガンダムバトルオペレーション2(通称バトオペ2)というゲームをダウンロードしていた。こちらもプレイが無料のゲームだ。


PS4「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」本告知PV

 前作のガンダムバトルオペレーションの頃からやっており、重圧感ある操作性のため、初心者を寄せ付けず、周りからはクソゲーと言われることが多かった。しかし、リアルさながらの操作性の難しさはやりこむごとに面白さが増していき、サービスが終了するまでの5年間やり続けていた人も多くいる。

さながら連邦のエースや古参ジオン兵のようなエースパイロットがうじゃうじゃいた。そんなバトオペもPS3でサービス提供されていたこともあり、2017年7月31日にサービスを終了してしまった。とても悲しい。

 しかし、くすぶる古参兵たちは続編の存在を諦めていなかった。そのためか続編の開発も行われ、2018年7月26日、パワーアップしたバトオペが帰ってきた。とても嬉しい。後はタイタンフォールやアーマードコアの続編が来てくれればロボゲー好きの私としては大歓喜だ。先は長い。

 ロボゲーにはロマンがある。ゲームの中ではプレイヤーがパイロットで、頑張ればゲームの中でエースになることも可能だ。さて、私はどちらをやればいいのだろうか?

え?睡眠時間を削って両方やれって?うん、そうしたいところだけれど、やっぱり朝起きたら毎日仕事なんだ。できる範囲で、時間を見つけて楽しくプレイするよ。何事ものめり込み過ぎない距離感が丁度いいからネ。