虹の彼方に

主にIT,ネットワーク,プログラミング,アニメ,ガンダムが構成要素

最近話題の「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」秋葉原店でとろろ肉そば(中)を食べてきた

 近年の秋葉原界隈は飲食店が賑わっている。中央通り沿いはラーメンやハンバーガー、首都高沿いはカレーのお店が増え、蕎麦は立ち食いの激戦区とも言える。そんな中、ラノベのタイトルのような店名の蕎麦屋「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」が秋葉原にできた。興味があったので早速行ってきた。

  場所はJR秋葉原駅から2〜3分と少し歩いた所、東京メトロからだと一番出口から1分ほどの場所だ。御徒町駅からだと結構歩く距離で、秋葉原駅に行くまでのほとんど中間地点の距離にある。

看板は黒い文字で黄色な背景のため、非常にわかりやすい。

f:id:entity_not:20180818123014j:plain

お昼時は並ぶ必要あり

私が到着した時点では5人座っていた。外の席は6席あり、座ることができた。待ち時間は5分ほどでカウンターに座ることができた。

麺は同一料金で増やせる模様

外にメニューが貼ってあり、麺の量を変えても料金は変わらない仕様だった。

  • とろろ肉そば(冷):980円
  • 肉そば(冷):890円
  • エビ天そば(冷):930円
  • とろろ鶏そば(温):880円
  • 鶏そば(温):790円
  • 辛味おろしそば(温):930円

麺の量は

  • 小:200g
  • 中:250g
  • 大:350g

から選ぶことができる。

f:id:entity_not:20180818125026j:plain

今回はとろろ肉そば(中)を注文することにした。大の量は食べ切れる自身がなかったので...。

カウンターに座り店員に食券を渡してから5分後、お盆を手渡しされる形で受け取った。割り箸を探してしまったが、既にお盆の上にあった。

f:id:entity_not:20180818123944j:plain

 早速蕎麦をつゆに付けて食べようとしたが、刻み海苔の量がとても多い。まずはのりをつゆに入れて食べることにした。のりを半分ほど食べ終わったところで、やっと蕎麦を食べ始めることができた。

そばは太めのコシが強いタイプで、今までに食べたことがないジャンキーな噛みごたえだった。つけ麺で太麺が好きな人にはおすすめだろう。

つゆは辛さが苦手な私でも問題なかったが、ラー油の絡みつきで時々むせる感じだった。とろろとラー油をそばや肉にからませて食べると非常に美味しい。

f:id:entity_not:20180819110422j:plain

  ラー油のつゆは最後まで飽きることがなかったが、辛さが苦手だったり味を変えたいときには、無料の天かすや卵を入れて変える事ができる。今回は天かすだけにしておいた。

f:id:entity_not:20180818123734j:plain

 刻み海苔がどっさり乗っていたり、ネギ、蕎麦、ネギのように食材がある程度層にまとまっていて、食べにくく感じた。しかし、ここは気取ったお店ではなく、上品に食べる必要は無い。ミシュランの星3つとは違う、先客にいた美人OLが豪快に大をペロッと平らげるような異質な空間なのだ。だからこそ、惹かれるものがある。是非時間を見つけてまた行きたい。